診療の受け方

お電話で以下のどの治療をご希望かお伝えください。

 他院受診歴のある方や、筋痛症緩和治療、レーザー、ラジオ波日帰り手術をご希望の方は脊椎総合診断を受けていただくことを推奨しています。

脊椎総合診断のページ


診療の流れ

一般保険診療

健康保険の枠内での診療をご希望の方
関節痛や、うちみ、捻挫、怪我など、一般整形外科の診療をご希望の方 まず来院していただき、問診と診察を受けていただきます。
その結果を基に検査計画を立てていきます。検査が一通り終了した時点で診断と治療計画を立てていきます。


脊椎総合診断(自費保険外診療)

腰椎、胸椎、頚椎の3箇所に分かれます。

1箇所 7万円(消費税別)

2箇所 13万円(消費税別)

3箇所 19万円(消費税別)

人間ドックのように、各種画像検査(3テスラMRI、128列CT、単純レントゲン)、血液検査、超音波検査、診察を受けていただきます。
症状がある方には、その原因を特定し、治療法の提案まで行います。

脊椎総合診断のページ


レーザー治療(日帰り手術)(自費保険外診療)

腰痛や椎間板ヘルニアなどに対してのレーザー治療をご希望の方

PLDD(レーザー治療)のページへ

[ 腰椎1箇所 ]
35万円(消費税別)   1箇所追加  10万円(消費税別)

[ 頚椎1箇所 ]
38万円(消費税別)   1箇所追加  11万円(消費税別)


ラジオ波内視鏡治療(日帰り施術)(自費保険外診療)

腰痛椎間板ヘルニアや椎間板性疼痛、過敏知覚神経に対しての内視鏡下ラジオ波治療をご希望の方

PERA(ラジオ波治療)のページへ

1箇所  65万円(消費税別)
1箇所追加  12万円(消費税別)


筋痛症緩和治療(K点治療)(保険診療枠内コース)

筋痛症緩和治療を、保険診療で可能な範囲で行います。基本となる注射であるK点ブロック注射を、"トリガーポイント注射"という、保険診療で一般に行われている手技として行います。(実際はK点ブロック注射とトリガーポイント注射は全く異なる概念の治療です。)

保険診療の枠内では、診察時間や注射の本数が限られ、超音波での筋緊張評価が難しくなりますが、K点治療の基本となるK点ブロック注射は必ず行います。


筋痛症緩和治療(自費保険外コース)

局所の筋肉の緊張が原因の腰痛や手足のしびれ、頸部痛などに対し、新世代超音波診断装置で適宜評価をしつつ、治療を行います。
K点ブロックを中心に、全身の筋の疼痛の有無を調べて必要であれば、十分な本数の注射、マニュピュレーション(手技)、指圧などをすべて行い、筋緊張を緩和することで治療を行っていきます。
自宅での治療プログラムも詳細に説明いたします。
最低2回以上の通院が必要です。

筋痛症緩和治療のページへ

初診+再診2回 3万円(消費税別)


一般保険診療(自費保険外コース)

最初の3回の治療で十分に症状が緩和されなかった場合、その方の症状の改善度に応じて1~2週間に一回のペースで治療を継続します。

1回  5千円(消費税別)


銀座整形外科〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-4ムサシ7ビル
PAGE TOP